??????

WIC2015: ??????? (header.php)



ng-mtg#8 Angular勉強会 に行ってきました

togetter

内容が Angular2 メインとのことだったので勉強しようかなー、という軽い気持ちで行ってきました。

ちなみに、 Angular  1.x は仕事で使ったことがあり、 $digest ループの闇をはじめとして様々な地雷は踏んできていたのですが、 Angular2についてはQUICKSTARTの

を見て「!?」となって以来触っていませんでした…

以下、各セッションの所感・感想・私怨になります。
誤解などあると思いますがその時は生暖かく(私を)しばいてください。

はじめてのAngular2

スライド
「Angular2 ってこんな感じよー」とやさしく説明していただいたセッション。
上記のコードもこういう意味よ、と教えてくれたので何となく理解することができました。

  • スタイル含めてコンポーネントに閉じている、ってのがいい感じ
    Angular 1.x のときに Directive を作っては CSS の波及がないかビクビクしていて、
    結局「 XXXDirective_YYY 」みたいなスタイルを連発して回避したという黒歴史があったので(白目)
  • $digest ループ廃止
    やったぜ。 bind しまくって $digest ループ激重→ PC フリーズの即死コンボをやったことがあるのでありがたいです。
    $digest ループの代替として RxJS なのかな?
  • 基本的に one-way-binding
    コンポーネント間の通知は基本的に親→子。
    子→親への通知の仕掛けを別途作る。
    ここらへんはreact感を感じました。
    まぁ、 $digest ループがなくなった代償なのかな…
  • バナナインボックス
    [( hoge )] ← これのかっこ
    バナナ
    うん、どこもおかしいところはないな!

 

SIだけどAngularやってます

悲しみ。ほとんどが共感できる内容。胸が締め付けられる思いで聞いていました。

  • (上司への)悪魔のささやき
    上司「いけるやん!」
    ワイ「何が!?」
    ってことは何度がありましたね。
    最終的には(政治)力の差で負けましたけど…
  • 人がいるけど人がいない
    私も同じ状況になったことがあります。
    「 Angular! Javascript! (大声) 」で人を探すと閑古鳥が鳴き、
    「 Java(小声) 」でつぶやくと烏合の衆になるという現実…
    結果、教育コストとの見合いで一人で頑張るぞい的な状況…
    やべテンション下がってきた…
  • (上司が)開発ルールを縛ってくる
    これは社内で検討していた際にありましたね。
    「どういう単位で各人に開発してもらうべきか」という題目で。
    あの時は Directive ごとに開発する、になったっけかな…?

 

超絶初心者の自分が1ヶ月Angular2をやってみて新境地に達した話

1ヶ月って…上記のコードを見て「!?」ってなっていた私とは大違いですね…すげぇ。
ちらりちらりとサンプルコードが出てきて Angular2 の理解を少し深めることができました。
(このセッションを聞くまでコンポーネント内のイベントをどこで書けばいいか分からなかった自分がいました…)

  • PHP ができるなら Angular2 もできる
    ちょっと…何をおっしゃっているか…
    ユーモアのある上司って素敵ですね(白目)
  • コーディングルールの策定中
    どこに着目してルールを設けるのか、その観点がすごい気になります。
    聞きそびれたか??
  • モジュール量が多い
    細かに分けられる分、大規模プロジェクトには向いているのかなー、と。
    逆に一定量は書かなくてはいけなくなるはずなので、小規模プロジェクトの場合
    そこをどう楽をするか気になりました。
  • テストになれるまで大変
    Angular 1.x のときは Karma と Protractor 使っていました。
    Karma はともかく、 Protractor はそのまま使えるのかなぁ…(遠い目)

 

エンジニアよ、大志を抱け!マイクロソフトの夢とビジネスを育てる施策 DreamSpark と BizSpark

Angular2 感 MAX の内容でしたw
DreamSpark (今は Imagine ?)と BizSparkのご紹介でした。

DreamSpark は学生のときにありましたが、たしか Visual Studio だけしか享受できていなかったかな…?
Azure も使える今の学生さんうらやましい(小並感)

BizSpark はスタートアップ企業向け。
有効期限が来た際に今まで無償だった部分をどう企業がクリアしていくのか気になります。
インフラ部分に相当するので別のに移行するのか、支払っていくのか…

 

僕はどうしてAngular2をテーマに登壇することになってしまったのか

スライド
やけに哲学的なタイトルのセッションでした。内容としては Angular2 の習得を通して開発・新しい知識を習得する際のノウハウをご教示いただいた感じです。
Angular ノータッチからここまでいけるんか…と驚愕したのが第一印象でした。

  • 英語力大事
  • 翻訳を待っているだけでは遅い
  • 英語力大事
  • エラー討伐はスピード感が大事
    「ほんとそれ」ですね。間を開けるとどんな問題だったかフワーとしちゃいますし。
  • 英語力大事
  • 100 時間学習すれば一応は把握できる
    RPG 2 本分ですかね。それまでモチベーションを保つ方法を考えねば…
  • 英語力大事
  • Angular2 において避けて通れないもの
    TypeScript、 RxJS、 zone.js。
    zone.js は非同期処理を実現するライブラリ?
    zone.js については全く触ったことないので後で調べてみます。
  • 英語力大事
  • 英語力大事
  • 英語力大事
  • TOEIC は 860 点目標
    死亡確認

 

全体通して

  • Angular1.x と比べて環境が重くなったなー、という印象
    メモ帳(※)さえあれば書けてたのに、という気軽さはなくなった気がします。
    ただ、 Angular2 の根底に RxJS、zone.js といったライブラリがあること、
    Typescript でコーディングの統制をとることを考えるとしょうがないのかなとも。
    ボタンポチー、で環境整えるやつがないかなー。
    ※可能ならサクラエディタが望ましい
  • Babel との棲み分け
    最近になって Babel を触りはじめ、将来機能を取り込んである Babel が「 Javascript の正史」的な印象を持ち始め、 Angular はじめフレームワーク群がβ世界線のような感じに思えてきちゃってます。
    ただ、フレームワークは必要であるから存在しているわけで、「何故必要か」というところを理解していかなきゃなと感じています。
  • 英語勉強しなきゃ
    英語のドキュメントを読む際に「よーし、読むか(白目)」と腰を据えないと読めない人間なのでせめてすらっと目を通して要点をつまめるくらいにはなりたいです(できるとは言っていない)。
  • モチベーションが上がった
    久しぶりの勉強会参加でテンションが上がりました。
    「みんなすげーな、自分も頑張んなきゃ」的な感じです。
    勉強会の一番のメリットってここかもしれませんね。
    Slack にも参加させていただきました。

次回も参加したいですね。その時はそれなりの知識をもって。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください