gulpを用いた開発環境準備(babel編)

gulpを用いた開発環境準備 の続きになります。

今作っているものが大きくなってきたらTypescriptに移行するつもりでしたが、今回はBabelに移行することにしてみました。
ECMAScript標準仕様をベースとしているため、標準実装を先行して勉強できるかなー、という感じで採用しました(その場のノリです)。

もちろんgulpのタスクにも追加します。
まずnpmで以下をインストール。

それらをこんな感じでgulpfile.jsに反映。

server_babel タスクがbabelをトランスパイル箇所です。
また、 presets オプションでどのバージョンのesの仕様にするか設定できます。

「gulp server」とたたけばJavascript編集→バベる→サーバアップを実現できます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください